医学部受験の際に利用したお茶の水の予備校

お茶の水にある某医学系専門の予備校を選びました

医学部を目指していた私は、現役受験の際には残念がら志望する大学への合格のきっぷは勝ち取ることは出来ませんでした。
医学部以外の学部に関しては合格したところもあったのですが、許されるならもう一度医学部にチャレンジしたいたいと思い浪人を決定しました。
そこで問題になったのが、勉強方法や計画についてです。
これまでは、現役生だったので、高校への通学が一つのリズムになりコンスタントに勉強を続けてきましたが、浪人のタイミングで独学に切り替わることは私には向かないと思い予備校を検討することにしました。
上でもお伝えした通り、第一志望は医学部であったのはブレることがなかったので、医学系専門の予備校に通いたいと思いました。
インターネットやパンフレットなどを自分なりに比較し、親と学費のことなども話し合った結果、お茶の水にある某医学系専門の予備校を選びました。
この予備校を選んだ理由はいろいろありますが、決め手になったのは医学部受験対策に特化し、経験豊富な講師陣が揃っていると判断したためです。
また、通学のしやすさもこの予備校を選んだ理由です。
通学時間も勉強に当てたいと思っていたので、片道1時間ほどの通学時間は私にとって非常に都合が良いものでした。

お茶の水にある某医学系専門の予備校を選びました苦手科目は授業中心の勉強方法がうまくいった夜遅くまで自習室を使うことが出来ました

医学部 予備校 お茶の水東京の医学部予備校なら富士学院 東京校